チャネル: 取引先責任者の詳細ページでの会話の使用、チャットウィンドウでの添付ファイルの表示、アクセスしやすくなったモバイルアプリケーション用埋め込みサービス

メール、チャット、メッセージングが拡張され、エージェントの環境が改善され、生産性が向上します。WeChat と WhatsApp チャネルをパイロットプログラムとして使用できます。エージェントは取引先責任者の詳細ページから会話を開始できます。ファイルをチャットウィンドウで使用できるため、エージェントはファイルを表示する前にファイルをダウンロードする必要はありません。モバイルアプリケーション用埋め込みサービスへのアクセスを容易にしました。