18 か月後に削除される項目履歴管理データ

Salesforce では、最大 18 か月の項目履歴データの保持が保証されています。データの高可用性を確保し、顧客の急増するデータニーズに対応するために、これまで 18 か月の保持ポリシーが適用されていませんでした。Winter '19 リリース以降、18 か月を超えて項目履歴が保持されなくなります。項目履歴の保持期間を延長するには、項目監査履歴アドオンを購入します。
対象: このポリシーは、2011 年 6 月以降に作成され、項目監査履歴アドオンを購入していないすべての組織に適用されます。
メモ

メモ

組織が 2011 年 6 月より前に作成されているか、項目監査履歴アドオンを購入している場合、Salesforce では 18 か月の制限を超えて項目履歴が保持されます。

方法: Winter '19 リリース後、実施するための 6 か月の猶予期間があります。

  • この猶予期間は、Spring '19 リリースで終了します。
  • 項目履歴データへのアクセスを保証するには、項目監査履歴アドオンを購入します。項目監査履歴を使用すると、アーカイブ済みの項目履歴データを、データがアーカイブされた時点から最長 10 年保持するポリシーを定義できます。項目監査履歴を購入するには、Salesforce カスタマーサポートにお問い合わせください。
  • queryAll() API を使用して、猶予期間中に削除された項目履歴を取得し、独自のバックアップを作成します。getDelete() API を使用して、18 か月の制限の後に Salesforce によって削除されたデータを取得することはできません。
  • 猶予期間中の項目履歴の取得についてサポートが必要な場合は、Salesforce カスタマーサポートにお問い合わせください。

猶予期間が経過すると、18 か月より前の項目履歴を取得できなくなります。