セキュリティと共有: より多くのオブジェクトでの共有セット、複数の取引先がある取引先責任者での共有セット、CSP 警告の回避、クリックジャックの容易な有効化

キャンペーン、商談、および注文と、複数の取引先の取引先責任者で共有セットを使用します。CMS Connect の CSP 警告を回避し、CSL リソースの問題を検出して解決します。コミュニティビルダーからクリックジャック保護をより容易に有効化します。